火災保険10月改定についてのご案内

平素は格別のお引立てをいただき、厚くお礼申し上げます。

さて、2022年10月以降保険始期契約から、多くの保険会社が、火災保険を改定・値上げをいたします。

この機会に、現在ご加入の火災保険の見直しを実施してみませんか?

1.改定の背景

・近年、毎年のように日本各地で、これまでに経験したことのないような台風や豪雨による甚大な被害が発生しています。

・保険業界全体としても、各社が事業効率の改善等の取り組み、悪質な住宅修理業者や保険金請求代行業者への対策を進めているものの、近年における火災保険の損害率の悪化傾向に歯止めがかからない状況にあります。長期的かつ安定的な商品供給を目的として、保険会社の多くは2022年10月に料率改定を実施します。

※2017年~2020年度に発生した主な風水災による支払保険金調査結果(各年度末時点)

年度主な風水災支払保険金(火災保険)
2017年度平成29年台風18号300億円
平成29年台風21号1,078億円
2018年度平成30年7月豪雨(西日本豪雨)1,520億円
平成30年台風21号9,202億円
平成30年台風24号2,856億円
  2019年度令和元年台風15年(房総半島台風)4,244億円
令和元年台風19号(東日本台風)4,751億円
令和元年10月25日大雨155億円
2020年度令和2年7月豪雨848億円
令和2年台風10号932億円

                         (出典)一般社団法人日本損害保険協会調べ

2.改定の概要

・2022年10月の料率改定では、自然災害リスクの増加、リスク傾向の反映により、

⓵ 自然災害等の増加に伴う参考純率改定⇒大幅な保険料アップ

② 住宅物件最長保険期間の短縮(10年⇒5年)

3.改定をふまえた対応

⑴ 弊社では、お客様の火災保険の内容確認を無料で実施しております。現在加入の保険証券を弊社スタッフに提出いただけたら、3日以内(土日除く)に、診断結果及びおすすめプランを提出させていただきます。

⑵ ご希望の方には、「すまいとくらしのハザードマップ」を無料で進呈いたします。ご自宅が被災するリスクを確認したうえで、最適な補償を選択可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。