新着情報

自宅にいながら受検できる、 新時代のがん検査ができました

線虫がん検査「N-NOSE(エヌノーズ)」を行うHIROTSUバイオサイエンスは、病院などに出向くことなく自宅で検査から判定まで受けられる新サービス「N-NOSE at home」の全国展開を始めたとのことです。大阪では6月4日からできるようになりました。

「N-NOSE」とは!?嗅覚に優れた生物の線虫が尿中に含まれる、がん特有の匂いを検知することを利用した、世界初のがんの一次スクリーニング検査となっています。

医療機関での受験のほか、大阪では今年1月開設の検査受付拠点「N-NOSEステーション OSAKA」での検査受け付けが可能になりました。

より利便性を高め、医療機関への負担軽減も目指し始めたのが「ーat home」。専用サイトで検査キットを購入し、検体(尿)提出日を予約した人の自宅に、各都道府県に専用車両と専用スタッフを擁するセイノーホールディングスの輸送グループ「GENie」が検体回収に赴く。温度管理された状態(冷凍)のまま「セイノースーパーエクスプレス」が幹線輸送を行う。

検査結果は後日郵送で送られてくるため、自宅にいるだけですべて完結します。費用は検査料やキット、集荷料を含め税込み1万3,970円です。

同社は「自宅にいるだけで、がんのリスクが調べられる最新検査「N-NOSE」を、がん検診の入り口の検査として定着させることで受診率を底上げし、一人でも多くの人のがん早期発見・早期治療につなげているよう、検査体制の拡充に尽力したい」としている。

詳細等は「N-NOSE」で検索してみてください。

参考URL 

https://hbio.jp/srv/nnose1




Copyright (C) 株式会社スター保険 All Rights Reserved.