新着情報

損保ジャパン感染症を補償する保険の商品改定

損害保険ジャパン株式会社が企業向けに展開している保険商品のうち、感染症を原因とした利益損失等を補償する契約では、これまで新型コロナウイルス感染症を対象としていなかった。 しかし今回の改定において、企業総合補償保険や店舗総合保険、賠償責任保険などを対象に新型コロナウイルス感染症を原因とする補償を新たに追加する予定とのこと。 これは従業員や顧客など、施設の来場者が新型コロナウイルス感染症に感染したことで、施設が休業した場合等の費用を補償するもの。定額20万円の支払いを予定している。 改定は新型コロナウイルス感染症が指定感染症となった2020年2月1日に遡って適用され、今回の商品改定に伴う追加保険料はない。 (画像は損害保険ジャパン株式会社ホームページより)




Copyright (C) 株式会社スター保険 All Rights Reserved.