個人のお客様

個人の保険でお困りの方へ

万一の備えとお金を貯めることを両立させたいあなた。
まずは、生活に必要なお金を考えることから始めましょう。



先行きに不安を感じていませんか?先行きに不安を抱くのは、家計のやりくりな
どの目先の事に追われ、資産計画や育児計画などの人生設計を疎かにしているこ
とが原因です。
私達は、万一の不安に対しての備えと、人生どんな時にお金がいるかを見える
化するお手伝いをさせて頂きます。

今後の生活に必要なお金のキーワード

「生」現役時代のおかね

日々の生活の中にはたくさんのリスクがともないます。自動車をお持ちの方は、事故による大きな賠償リスク。
住宅をお持ちの方は、火災や地震などによる財産を喪失するリスクなど、身の回りのリスクを知り、万一が起きる前に、必要に応じてリスクに備える必要があります。

引退後のおかね

60歳で退職した後の生活に掛る費用を考えたことはありますか?
日本の平均寿命は男性で約80歳、女性で約86歳ですから定年後から20年以上の生活費用を考えなければなりません。老後の事を考え、保険で計画をたてましょう。(厚生労働省 平成22年簡易生命表による)

医療へのおかね

医療保障を考えるとき、入院・手術にともなう医療費の支出を考えがちですが、入院が長期にわたると収入が減少することも考えられます。
したがって、入院時の収入の減少と支出の増加に備える必要があります。

残された家族へのおかね

一家を経済的に支えるお父さんが亡くなられた時の備えは大丈夫ですか?
収入があって家計は成り立っていますので、万が一の時には収入の代わりとなる保障が必要となります。
残された家族の生活に必要な金額を知り、最適な保険が何かを一緒に考えましょう。

あなたはどのリスクに一番不安を感じていますか?
万一の備えとお金を貯めることを両立させたいあなたに

「保険の仕組み」お教えします。

無料相談・資料請求・お問い合わせはこちらから